スタッフブログ

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回の塗装コラムは外壁を塗り替えるタイミングについてです。

 

初めての塗装を検討される場合、「なんとなく見た目が汚くなってきた」「ひび割れが目立つ」など、皆さん気になるポイントがいくつかありご依頼をされます。

 

なかには「まだ大丈夫」といって外壁塗装の時期を遅らせ、どこかのタイミングでやろうと、そのままにしている人もいるかもしれません。

 

そこで、いつ塗り替えたら良いのか、外壁塗装を行うタイミングとなる家のサインをご紹介します。

 

塗り替えのサインとは・・・

「ヒビ」「汚れ」「サビ」「塗料の剥がれ」「粉化」などの症状です。

外壁の劣化が進行すると、雨漏りや家の柱や壁など、内装部を劣化させる原因になることがあります。

そのため、このようなサインが出た場合は外壁塗装を行うか、次期や金額を検討しましょう。

 

基本的には10年を目安に外壁塗装を検討すること、家の状態を確認することをおすすめします。

 

ちなみに、剥がれ、ヒビに関しては放置しておくと特に家自体にダメージを与えてしまう場合がありますので、これらは10年ではなく、日ごろから外壁を見ては状態を確認すると良いです。

さて、外壁塗装を行わず、ヒビや剥がれが原因で家にダメージを与えた場合は補修が必要です。

さらに放置してしまうとどんどん悪くなってしまい、最悪メンテナンスじゃ済まなくなりますので、、、

そして、修繕が必要・・・ということは、外壁塗装以外にお金が追加でかかるわけですね。。。

 

家にもお財布にもダメージが、、、といったことになってしまいますね。

 

そうならないために、我が家の状態はこまめにチェックをしましょう。特にこの時期であれば台風の後や激しい雨が降った日など、なんとなく気に掛けるようにしておけば、ヒビや剥がれは目立ちますので発見しやすいと思います。

 

ということで、外壁塗装を検討するタイミングは家のサインをしっかり確認しましょう。

 

「ヒビ」「汚れ」「サビ」「塗料の剥がれ」「粉化」

 

これらの症状があれば外壁塗装を検討するタイミングが来たなと思っていただくと良いと思います。

次回は各症状についてや、このブログに写真をもっと入れたりしていこうと思います。

 

たまにチェックしてみてください。