施工事例

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

新宿区にある、弊社とは永くお付き合いいただいている協伸建設㈱様の事務所ビル、外壁美装工事を施工しています。

コンクリート打ち放し仕上げの外壁にクリア塗装がしてある外壁です。

傷みが進んでおり、シミや汚れ・爆裂など下地を隠蔽しながらコンクリートの風合を残す工法として、ランデックスコートを選定しました。

中でも、コンクリート面の自然な感じを再現するB工法+特殊工法 既存塗膜ありにて施工しています。

詳細やどんなものかをご覧になりたい方は、大日技研工業 (←クリックして下さい)のホームページを見ていただけたらと思います。

コンクリート打ち放し壁の改修工事は、使える塗料の種類がそれほど多くありません。

もちろん、コンクリートの感じを無視してベタ塗りをしてしまえばどの塗料を使用してもOKですが、弊社の場合せっかくコンクリート打ち放しなのだから風合を残しましょうとご提案させていただいています。

そこでオススメはランデックスコートに落ち着くことが多いです。

弊社の近くにも、施工事例がありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

使用材料は、

外壁:大日技研工業 ランデックスコートWS疎水材(上塗り)

 

東京大田区の外壁・屋根塗装なら創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。

http://www.alex-toso.jp/