スタッフブログ

少し遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。今年度も日々努力をし、皆様のお役に立てるような塗装専門店を目指していきます。

本日は、屋根材の中でも普及率の高いスレート瓦についてお話をしていきたいと思います

 

屋根スレート瓦のメンテナンスについての画像

スレート瓦の寿命は10~20年とされています。

新築時や前回の塗装から12~15年を目安に定期的な塗り替えが必要になってきます。

では、なぜ塗り替えが必要かというと、スレート瓦は主成分がセメントでできており

セメント自体には防水効果が無く、塗装で防水性を保持しています。

日々の太陽や雨で塗装が劣化をすると雨漏れの直接的な原因に繋がるので早めの処置が必要です。

屋根スレート瓦のメンテナンスについての画像

スレート瓦の防水性が失われたことにより、主成分のセメントが雨水を吸収し太陽光により

乾燥、収縮を繰り返すことにとりひび割れが発生します。

ひび割れが発生した場合は、必ず補修を行ってから塗装による保護が必要になってきます。

 

屋根スレート瓦のメンテナンスについての画像

塗装による防水性が低下すると雨水を吸収します。日当たりの良い場所ですと太陽光で乾燥しますが

日当たりの悪い場所は、水分が滞留し藻が生えてきます。

屋根スレート瓦のメンテナンスについての画像

紫外線により、塗膜が劣化し色が褪せてきます。

見た目もそうですが、塗膜の劣化サインなので早めの塗り替えをお勧めしています。

 

以上がスレート瓦の劣化についてです。

外壁もそうですが、屋根も定期的なメンテナンスを行うことで

美観の確保、防水性の確保に繋がりより長く快適に過ごせますので

新築や塗り替えを行って15年以上の方は一度劣化調査を依頼することをお勧めいたします。

 

 

東京大田区の屋根外壁リフォーム・屋根外壁塗装工事なら
創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。