スタッフブログ

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、お話しさせていただくのは屋根の棟板金についてです。

棟板金とは、スレート屋根(コロニアル系ですね)の一番尖った部分に被せる金属の山形の板のことです。 これがないと屋根のてっぺんですからね、そこから水が入ってきてしまったりと大きな問題になります。 しかも、一番高い部分・出っ張っている部分ですので、台風や飛散物によって結構壊れやすい部分です。

弊社では棟板金の釘等の浮きを確認して打ち込みその後コーキングで補強します。
お客様自身では屋根等お住まいの高い位置はどうしても確認するのが難しいのが現状です。

弊社では現場調査の際ドローンを使用して撮影するので確認してもらう事が可能です。

もしお住まいの状態が気になる方やその他でもお気軽にご相談ください。

東京大田区の外壁・屋根塗装なら創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。また弊社にはお客様場がございますので、お車を施工期間中お預かり出来ます。ご気軽にご相談ください。

屋根棟板金について。の画像