スタッフブログ

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、ご紹介させていただくのはタイル目地についてです。
タイル目地とは、タイルを貼り付けたときにできる部材同士の隙間を指す。 ... そこで、タイルに間をとって目地材(目地に充填される建築材料を指す)を入れることで、美しく見せることができる。 また、タイルや下地のモルタルは寒暖によって収縮や膨張が起こり、剥落や破断するおそれがあるが、目地材の充填は、これらを防ぐ機能もあります。

しかし、タイルの間のつなぎ目(目地部分)のコーキングは7~10年で劣化します。 そのため定期的な目地の交換(打ち替え・増し打ち)が必要です。 また、目地のモルタルが欠けてしまっている場合も補修が必要になります。

補修といっても広範囲に施工すれば費用が高くなりお客様のご負担がふえてしまいます。
弊社では、一人一人のお客様に合った施工内容をご提案させていただいているので費用をなるべく安くおさめたい方は是非一度、ご相談ください。
その他の事でもお気軽にご相談ください。

東京大田区の外壁・屋根塗装なら創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。また弊社にはお客様場がございますので、お車を施工期間中お預かり出来ます。ご気軽にご相談ください。

タイル目地について。の画像