スタッフブログ

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、ご紹介させて頂くのはチョーキング(白亜化)現象についてです。

外壁の「チョーキング(白亜化)現象」とは、塗料に含まれている顔料が、外壁の表面にチョークの粉のようになって出てきてしまうことを指します。 外壁の塗装表面にある表層樹脂が、熱や紫外線、風雨などによって劣化してしまうことによって発生する現象で、壁を触ると手に粉が付着します。

チョーキング現象は、塗膜の表面の樹脂が劣化している状態です。
外壁を守るという塗装本来の役割を果たすことができなくなっており、特に防水機能が低下しています。

チョーキングを放置してしまうと、外壁は雨水を吸収していき、藻・コケやカビの原因に繋がってしまいます。
さらに時間が経って悪化すると、クラック(ひび割れ)が起きる危険性さえあります。

ご自宅の外壁が気になる方、その他でもお気軽にご相談ください。

東京大田区の外壁・屋根塗装なら創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。また弊社にはお客様場がございますので、お車を施工期間中お預かり出来ます。ご気軽にご相談ください。

チョーキング(白亜化)現象について。の画像