スタッフブログ

アレックス(プロタイムズ馬込店)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

最近ひび割れ箇所がひどくなってる、ひび割れ箇所から鉄が錆びた水が垂れている、壁がプクッと膨れているなどでお悩みではないでしょうか?またコンクリートの欠落がおきてないでしょうか?それはコンクリート爆裂という現象の一部です。そのままにしてしまうと状況はどんどん悪化していきます。

コンクリート爆裂とは
建築物が古くなってくるとコンクリートの壁面にもクラック(ひび割れ)が発生します。発生したクラック(ひび割れ)には、雨水や空気が侵入しやすくなり、そのためコンクリート内部の鉄筋が錆びてきます。錆始めた鉄筋は次第に体積を膨張させます。この鉄筋の体積増加によってコンクリートは内部から破裂します。この現象を爆裂と呼び、破裂した部分をコンクリート爆裂といいます。

コンクリート爆裂になると家の美観や雨漏れなど多数の劣化の現象出てきます。

弊社ではコンクリート爆裂処理など下地処理を重視して施工しています。

外壁の膨れや剥がれなど気になる方がいらっしゃれば是非お気軽にご相談ください。

東京大田区の外壁・屋根塗装なら創業100年のアレックス(プロタイムズ馬込店)にお任せ下さい。
東京・大田区・目黒区・品川区・世田谷区・川崎
雨漏りにお困りでしたら、各種防水工事も是非ご相談下さい。また弊社にはお客様場がございますので、お車を施工期間中お預かり出来ます。ご気軽にご相談ください。

コンクリート爆裂について。の画像